音楽定額(低額)配信がいまだ話題
2015年07月08日 (水) | 編集 |
昨日は火曜定休日出勤
発送物を片付けてスッキリしました
これで今晩の落札予定分も起きてすぐにピックアッブしたのでなんとかなりそう
昨日からの雨は止んだので登録分も移動できます
帰りに食品スーパーとドラッグストアへ病院からの頼まれ物
ん?駐車場が混んでいる
ドラッグストアは併設されているのですが持ちきれず一度駐場へ戻ります
食品レジが通路まで並んでいる、恒例の47円(50円)均一かぁ・・・
この地域は特に集まるんだよね
そんなに大きくは無いスーパーでレジもやたら多いのにやたら混んでいます
経験上レジの台数で売り上げは把握できますが凄い売上げだと推測されます
坪単価も凄いものです、ABC分析も上位のアイテムしかありません
しかも嵩張る低単価のものは得意中の得意
激安の訳はわかっています、この会社特有の独占的な利点があります
これは他社には出来ない芸当
ま、触れないでおきましょう
お年寄りを避けつつ嫁さんに追いつきます
今週残り5日分の買い出し
なのですでにカゴが2段、なんだかお菓子が目立つな
飲料は避けておきました

音楽定額(低額)配信がいまだ話題になっていますね
1曲あたりアーチストの取り分が0.13円?
100万回配信で13万円?
残るわけではないので妥当な価格?かどうかで物議を読んでいます
今やCD売上げのランキンクはアイドルばかり
時代がそういう流れなのでこれが現実でメーカーの政策でもあります
こんなことは今までにないこと
音楽アーチストはライブや他の方法で普及活動に励んでいるようです
インディーズを1曲100円でダウンロードできる専用サイトも出来たようです
応援寄付で活動資金も得られるとか、タニマチみたいな感覚ですね
その時、その時の時代に合わせた変化も生まれてきます
もちろんモノとしてはいらないという需要の選択肢も認めます
FMもどんどんAM化しているし
でもヘットフォンやイヤフォンは根っからキライ
やっぱりある程度の音量で気兼ねなく聴きたい
そのためにオーディオルームを創ったのだし

↓↓買取ご希望の方は下記へお願いいたします↓↓
donbunn_300_201310190731153e9.jpg


オークション ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック