持ち込み買い取りと映画の話題
2015年06月26日 (金) | 編集 |
昨日持込にによる買い取り
見ると珍しい大型高額本ばかりで定価はすべて1万円以上
思い切った価格を提示して買い取らせていただきました
あらためてAmazon・ヤフオクと手分けして価格調査
とりあえず写真撮りを済ませて帰宅
買い物しようとATMから降ろしたばかり
再度郵便局で引き出します
なぜかカメラもしっかり持参していました
なぜか予感があったのです
そろそろ半年に一回雑誌を引き取る会社さんもそろそろ連絡あるはず
停滞していましたがやっと少し動きが出てきた感じ

P1450497_02.jpg

P1450504_02.jpg

P1450516_02.jpg

P1450520_02.jpg

転寝していて夜中の12時に目が覚め(起こされた)
嫁さんが[映画見よう]との賜ります
ちょうど始まって10分くらいかな
録画しているというので改めて最初から追っかけ再生
[その時は彼によろしく]です
少し前に小説で2回読み、映画で1回見たはずです
これほど小説と映画のイメージがぴったりマッチした映画も珍しい、秀作だと思います
そういえばこれってハッピーエンドだったっけ?
じつは最初[AQUA]と勘違いしていました
さすがに眠いけれど昨日Aamazonで売れたCDの研磨もあるし
ポスターのピックアップなどけっこう仕事があるので6時に起きてきました

  

↓↓買取ご希望の方は下記へお願いいたします↓↓
donbunn_300_201310190731153e9.jpg


オークション ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック