文庫本の引き取り
2014年12月03日 (水) | 編集 |
[2014年12.月3日(水)]

今朝は気温がマイナス気温まで下がりました
ちなみに室温は13℃
この二日間強風が吹き荒れましたが
幸い雪は降っていません、積雪ゼロ

昨日夕方弟君からTEL
[兄ちゃん、本持ち込むよ]
[どれくらい?]
[うーん、荷室にいっぱい]
[う、うん、いいよ]
というわけでビニール袋にいっぱい持ち込まれ助手席まで満載
自宅玄関の外階段に次々と積み上げます
ほとんどが文庫本、古いものはありません
話を聞くとお医者さんの副業の蕎麦屋さんが複雑な事情から閉店
お客さん用ではなく事務所にあった個人的な本
ようは雇われ店長のひとり、弟くんのまわし読み軍団の一人
ここに書くのも面倒なくらい複雑な事情
ようは人の問題、面倒くさくなって経営者が[もうやめたっ、廃業!]ということ
特殊な手打ち麺を使う蕎麦屋さんはすぐに他の人が引き継げないということらしいです
ダンボール箱に丁寧に入れ、移し変えてみると8箱ありました
というわけで二階に上げるわけにもいかず
1階のスペースを無理やり空けそこに積み上げました
それまで黙って成り行きを眺めていた嫁さん
もういいか?とうれしそうにダンボールを空けはじめました
2箱ほど見ると飽きてきたようであとは登録しながら省くらしい
すべてAmazonへ登録ということでめでたく引き取り、一件落着

今日は花の発送があるとか?
ヤフオク今週落札分ほぼすべてもいっきに入金
レターパックは買いだめがあるし早めにお店へ直行です
棚を空けることや廃棄などやることがたくさんあります

↓↓買取ご希望の方は下記へお願いいたします↓↓
donbunn_300_201310190731153e9.jpg


オークション ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック