任天堂、来年にも新興国用ゲーム機を投入
2014年05月09日 (金) | 編集 |
任天堂、来年にも新興国用ゲーム機を投入

任天堂の岩田聡社長は8日、ロイターのインタビューで、
2015年にも新興国向けに新しいゲーム機を投入する方針を明らかにした。
先進国で展開しているゲーム機の廉価版ではなく、新興国専用機になる予定で、ハードとソフト一体で展開する計画。

引用先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000068-reut-bus_all

Famicom.jpg


なるほど、そうきましたか
新興国にとって今のゲーム機は価格・内容ともにハードルが高すぎます
中国の経済特区以外の展開も視野に入れているいるようです
よく考えましたね
万人向けのソフト資産を持つ任天堂ならではの思考です
市場は先進国以上に遥かに大きいぞ
問題は価格やハードウェアの堅牢性
まさに横井軍平氏の哲学[枯れた技術の水平思考]が脈々と受け継がれています
すごい会社だ!と思う

昨日の発送も多かったですが今朝もヤフオクがけっこう落ちてきています
それでも本日こまごまとした発送を終えると連休明けの発送は一段落
買取りした本が手付かずでそのまま積まれています
クルマにも満載状態のままで自宅玄関にも積んだまま
その選別整理とまずは写真撮り、スキャナ撮りからです
Amazon、CDが売れているなぁ

↓↓買取ご希望の方は下記へお願いいたします↓↓
donbunn_300_201310190731153e9.jpg


オークション ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック