本を捌くことの難しさ
2014年04月16日 (水) | 編集 |
昨日は遅くまでヤフオク落札品のピックアップと
その後催事の準備をしていました
相方が本は持ってゆかないというので
本をコンテナに詰めていたのですが
あっという間にコンテナ20個がいっぱいに。。
今回は一般枠なのでウチのスペースは約1坪という狭さで制限があります
本を出品したのは長い歴史の中でも地元のお祭りの一度だけ
その時売れたのは大束のセットばかり
本を売るのは大変ということは身に染みています
時はゲーム、CD花盛りの時代
いつも大きな枠を借りてそれで大きな売上げを作ってきました
悩みぬいた末、やはり本はすべて棚に戻しCD、アクセサリー類に変更
しかし在庫スペースの9割を占めるのが現状の古本屋です
本を売るのが本来の使命なのに残念

というのは本は多様性があるため
古本市や大量展示できるスペースがなければ難しいのです
専門書店が生き残っているのとはまた少し趣きが違います
フリマみたいなところには向かないかもしれません
本を大量に捌く難しさに悩みますね

さて今日は大量発送が控えています
準備は万端整えてきましたがどうなることやら

↓↓買取ご希望の方は下記へお願いいたします↓↓
donbunn_300_201310190731153e9.jpg


オークション ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック