玩具メーカーの規模と現状
2013年12月13日 (金) | 編集 |
古本中心通販専門になってからは12月も
いつもとそう変わらない業務ですが

おもちゃ業界にとっては1年のうちの大半の利益に貢献する12月と1月
売り場も忙しく知り合いの玩具店などはメーカーから毎年派遣社員が売り場に張り付いていたほど
11月ごろから仕入れに奔走したりデータとにらめっこの毎日です

ちょっと気になりざっくりと簡単に調べてみました
REGOがデジタル玩具でその規模を大幅に伸ばしています

まず、12年度の国内における玩具市場規模は店頭価格ベースで6,730億円
デンマークの玩具大手REGOグループがその規模を大幅に伸ばしていてその規模は世界第2位

■世界最大の玩具メーカー マテル
2012年の売上高:6,400億円

■LEGO
2012年通期売上高:
234億1000万クローネ約3,851億円



■米ハスブロ
2012年通期売上高:
40億9000万ドル(約3808億円)

[国内]

■セガバンダイ
売上高 単体:1,023億円
(2010年3月期)

■任天堂
売上高 単体6,076億円
(2013年3月期)

■タカラトミー
売上高 単独:712億円
(2012年3月期)

カプセル玩具の国内市場規模は270億円
レールトイは30.6%増
RC関連は47.3%増
ディズニーなどの人気キャラクターを使用したぬいぐるみが好調で、前年度比108.2%
女児玩具の中の女児キャラクターは124.7%と非常に好調
フィギュアやベビーカーなども好調

※厳しかったのはトレーディングカードゲーム、男児キャラクター、ジグソーパズル、ゲーム

2012_sijyou_graph.jpg

国内の玩具メーカーの規模はそれほど大きくはないのですね
地方の中堅スーパーマーケットチェーンのほうがむしろその規模を上回ります
気になったのでちょっと調べて見ました


↓↓買取ご希望の方は下記へお願いいたします↓↓
donbunn_300_201310190731153e9.jpg


オークション ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック