電子書籍はどうだ?
2012年11月15日 (木) | 編集 |
今朝6時に起きると室温は17℃、一瞬ブルッと震えました

毎朝恒例のヤフオクとAmazonをチェック。。一喜一憂です
勤め人時代は[夜型]ということもあり、ぎりぎりまで寝ていました
お店をはじめて5~6年目までもそうでした
Windows95が発売されて2年目くらいから状況が変わりました
ヤフオクバブルが始まった頃で面白いように高騰していました
HPを立ち上げたのもこの頃で絶好好調でした
販売の重点も徐々に通販に傾いてゆきます
次第に朝方になりつつありました
いまではすっかり朝方になってしまいました
いつでもお店を再開できる状況にはありますが
経費を考えると今その時期まではありません
同じ規模の同業の友達もそんなことを言っていました

いま少し気になるのはとってもスマートな[電子書籍]ですね
ひと昔前のSONYの新製品のようにある一定の層が必ず買う
というパターンが終わりその後どこまで伸ばせるかですね
ただネット関係で騒いでいるほど世間一般は騒いでいないし
すべて切り替わるところまでは行かないでしょう
やはり紙の媒体には長い歴史による[チカラ][紙の魅力][習慣]があります
世代が完全に変わる頃にはどうなるか分かりませんが。。
コンテンツ、コンテンツと騒いではいますがどうでしょう
もっと違うところに争点がある気がしてなりません




人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック