年末に大量の買取りだぁ
2011年12月23日 (金) | 編集 |
朝一番のりで区役所へ証明書を取りにいったら
駐車場も区役所内もガラガラで肩透かし
あっという間に終わりました

冷え込みが厳しい中、お店の暖房全開で
お昼近くから梱包した割には段取りが出来ていたので
メール便ばかり段ボール箱ふたつ分を短時間で完了

追加分もやっつけてホットとしていたところへ
年末のここにきて大量の本を持ち込みたいと業者さんからTEL
今、すでに向かっていて、なんとリフト車で来るとおっしゃる
古い専門書が多いという
大慌てでスペースを空けなくちゃ
この際、写真撮りスペースもとりあえず潰すことにした
やはりおなじみの学者さんの自宅一軒、書斎と納屋まるごとです
リフト車8分目まで埋まっています
[必要なものだけでいいよ、あとは廃棄するから]といわれても
古本屋の本能がそうはさせないのですね
[こちらで処分します!]ということにしてすべて運び込み
店内はカニ歩き状態になってしまいました
すでに暗くなっていたので
大雑把に目を通し、箱のものはそのまま
紙袋に入っているものだけは箱に移して帰宅しました

そして今日の祭日は自宅で作業、発送はお休みにしました
これが自営業の良いところ
午後からお店に行き買い取りの本を整理してきます
歴史書、郷土研究本がほとんどを占めていて
文学は昭和10年から20年代だったかな?
あとはかなり専門的な本ばかり
一般本はほんどありません、恐ろしくて数えていない
本音はもう2~3ケ月は買取りしたくないです
たぶんぜ~んぶ、りきちゃんの仕事です
もうお腹いっぱいです

人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック