在庫の考え方
2011年10月15日 (土) | 編集 |
ここ数日は発送と本の整理、仕分けで汗をかいています
これ以上買取りするとストックする場所がなくなり
いよいよ大幅な廃棄という決断を下さなければならなくなりました
登録してあるものは無理としても本以外のものは思い切って処分ということになりそうです

ハードカバー本はとにかく場所をとります
しかも安い本と高い本が極端で小説は今後は難しいでしょう
まとめてヤフオクに出しても反応は芳しいものではないし
ヤフオク自体が雑誌を除き本を探す目的の人は少なくなりました
他のサイト[源氏]などを見ているとAmazonに出せないものを仕方なくという感じです
私見としては現状本はAmazonひとり勝ち状態なのかと思う
価格を見ても[どうでもいいや]というか無くなれば良いというレベルの出品も目立ちます
今後は価値のある本に絞り在庫していくことになりそうです

今回のFBAの在庫制限は[今後は売れない本は送らないでね]
余剰の倉庫活用といことでは初期の目的は達成したということでしょう
当社もまだ2000点ほど残っていますが最終的に処分しても問題なしです
近々価格を下げて売れないものは処分廃棄の予定です
もともと手堅く経営している専業の本屋さんは最初から参加していないと思います
現在はすべて自己発送に切り替えています
FBAに関してはじゅうぶん利益は出せたと思います
ですが個人せどりでスペースのない人にはおすすめです
徹底して自己在庫は持たずスマートにやることです
回転率の良い本ならもちろん儲かります

人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック