買取り失敗談その一
2011年06月07日 (火) | 編集 |
お休みの朝、晴天です
窓を開けると気持ちの良い風が。。
涼しいうちに水を撒こう

ところで仲間が集まるといつも話題になるのは買取りの話
売りの話よりも買取り
たまに何が売れているくらいはさわりだけ話題になりますが
買取りの話はエピソードがいっぱい
ほとんどが出張買取りの話題
泣けてくる話が多いですね
あんまりかわいそうでラーメンの出前を取ってあげたこともある
[マニアの神髄ここに見たり]というツワモノもいらっしゃいますが
紙モノマニアというものは凄いものがあります

でも失敗談というのを自慢げに話す人はそう多くない
経験上、失敗の多くは店頭買取りが多い
そう、バタバタしていて時間が無いのと単品で持ち込まれることも多いから
同じものが立て続けに入ってから気付くとか
しばらくしてからまったく売れないことに気付いたり
嵩張るものに限って何年も不良在庫として残りいつまでも思い出させてくれたり
よき反省材料ともなっているのです
とくにピカピカの新品同様はとくに要注意、そしてあわてないことだ
ネット関係の仕入れはいい思いをしたことが少ない
ロツトの多いことが多く気がついたら元を取るのに精一杯ということも
VCD、DVDがらみが多かった

そういえばCD新譜の[S]ランクを信じて100枚以上失敗したことも
数枚も売れなかったはず
とくにゲームソフトの新作の仕入れ失敗は屋台骨をぐらつかせる
りきちゃんではないがあのドラクエでなにもかも失った人は多いだろう
500本頼んで初回100、売れなくなってから分納でいきなり400
そんな失敗があたりまえにあった時代でもある
逆のパターンもあったろう
あのダービースタリオンだ
当初から専門家たちはある程度化けると予想していたが
シミュレーションなので限度はあると考えられていた
発売日、口を開けるとたいへんなことになっていた
確か相当な覚悟で大量注文をしたがまったく足りなかった
その後はご存知のとおり。。

人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックしていただくとうれしいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック